インフルエンザの情報 令和4年度版 ・ R4秋〜R5春  
令和3年度令和2年度版令和1年度版,
平成30年度版平成29年度版平成28年度版
平成27年度版平成26年度版平成25年度版平成24年度版
平成23年版平成22年版平成21年度版

 


今季のインフルエンザワクチン(通常品)接種は、10月1日(土)〜1月31日(火)

当院のインフルエンザワクチンの予診票(PDF)に予め記入されて来院されると便利


(チメロサール(水銀)フリー製剤の入荷量は例年と同様に入荷予定、当院通院中の妊婦だけでなく、他院の方も可)  
(当院の予約サイト

(米国CDC/インフルエンザワクチン)(日本感染症学会の提案2021)
(米国産婦人科学会全妊婦への接種を勧告(Q&A))(母体への接種は新生児にも有効)


インフルエンザ検出状況  (厚労省の報道発表、 国立感染症情報センター、 愛知県衛生研究所名古屋市感染症情報センター名古屋市内の学級閉鎖情報)  

  インフルエンザに罹った後の登校・登園の基準についてはここ

  新コロナ感染の感染予防のため、手洗いの励行、マスクの装着、不要不急な外出の禁止、保育園・幼稚園・小中校の臨時休診などで令和3年度はピタリとインフルエンザの発生数は激減しました。(愛知県集団かぜ発生状況、 愛知県の記者発表) (名古屋市HP)。

名古屋市内の当院近くの流行状況

 新コロナ感染が流行したこの2年間は、全国的にインフルエンザの流行はほとんど無い状況でした。当院でもインフルエンザの発生は無く、名古屋市内の定点報告でもほぼ0例が続いていました(名古屋市HP

 しかし、南半球のオーストラリアでは、今年6月よりインフルエンザが急増時事6/27)、東京立川市でもインフルエンザの発生で、学級閉鎖の報道(東京新聞6/25)があります。さらに、名古屋市内の北西部でも、散発的にインフルエンザが発生しているようです(名古屋市HP)。このため、日本ワクチン学会のインフルエンザ2022勧告(PDF)は、今年は2年ぶりの流行が予想されるとしてワクチン接種を勧めています。


 当院でのインフルエンザワクチン(通常品)接種は10月1日〜1月末日まで今年は生産は一昨年・昨年と異なり、上手くいっているとの情報がメーカーよりありました。当院への入荷状況はこのサイトで逐次アップします。在庫状況は、当院の予約サイトのお知らせの項に絶えず公表していますので、小まめに見て頂き、在庫の有るときに予約をして下さい。初診の大人は、当院にお掛かりの子どもさんと一緒に接種希望であれば、接種させて頂きます。

 予約はWeb予約でインフルエンザの項目があれば在庫あり、無ければ在庫無を意味します。2日前からWeb予約で予防接種>インフルエンザを選んで予約して下さい在庫無しの時は予約システムのインフルエンザの項目は消去されていて、予約はできません。 

 なお、妊婦用のチメロサールフリーのシリンジ入りワクチも10月1日から接種可能。今年は75本入荷済み、当院で妊婦健診を受けている患者さんを優先しますが、他院の妊婦さんにも接種可能で、現在、再入荷して在庫あり。


 当院のWeb予約システ(2日前から予約可能、予防接種>インフルエンザを選択)で予約してから、中学生以下は母子健康手帳を一緒に必ずご持参しながら、保護者同伴でご来院下さい。在庫はWeb予約で確認して下さい。
 


 インフルエンザワクチンの接種 (令和4年度は、10月1日〜1月末日

  電話予約ではなく、ワクチンの在庫の確認のできるWeb予約で予約して下さい(万一、在庫切れの場合は予防接種の項のインフルエンザが抹消されています。電話予約にはこの機能がありません)

 当院の予約システム(Web予約が便利・2日前から予約可能)で予約して、予約時間の10分前には来訪して予防接種専用待合室体温測定をしてお待ち下さい。中学生以下は保護者同伴で、母子健康手帳も必ずご持参下さい。万一、母子手帳を忘れた時は、接種できません。高校生・成人で母子手帳紛失した人に限り母子健康手帳なしでも接種します。

 チメロサール(水銀系防腐剤)フリーでシリンジ(0.5ml)充填済の製剤は、当院受診中の妊婦さんに優先して接種しています。やや高めになります。 今年もチメロサールフリー製剤は微研で0.5ml製剤のみの生産のため、やや厳しい入荷状況です。在庫切れの場合は通常品での接種となります。(日本産婦人科学会はチメロサール入りインフルエンザワクチンで妊婦への接種は可との見解を表明)

 なお、鼻から吸入する生ワクチン(LAIV:FluMist:英国アストロゼネガ社製:第一三共・ジャパンワクチンから発売予定)は、国内での臨床治験を終了していますが、今期に発売するかどうかの情報はまだ入っていません。正式発売前に個人輸入でFluMistを接種されている医療機関もありますが、厚労省の正式認可を受けていない医薬品での健康被害は救済給付の対象外となるため、当院では厚労省が正式認可した後でしか患者さんには投与いたしません。また、米国ACIP2016-2017のLAIV(FluMist)は効果が低いため使用すべきでないとの勧告をしています。この勧告もあって、当院では現時点ではFluMistの個人輸入による接種は行いません


詳しい解説

 10年前からインフルエンザワクチンは大幅にモデルチェンジされました。以前の3価(A型2種類、B型1種類)ワクチンから、米国と同様に4価(A型2種類、B型2種類)となりました。 今年度の株は、A/ビクトリア/1/2020(IVR-217)(H1N1)株、A/ダーウィン/9/2021(SAN-010)(H3N2)株、B/プーケット/3073/2013(山形系統)株、B/オーストリア/1359417/2021(BVR-26)(ビクトリア系統)株の4株で製造されています

 なお、これらの系統株と異なる株が流行した時は効果は今一つになります。最近はシベリアからの渡り鳥の糞便を分析して流行する型を予想し、昨年の株より卵順化による抗原性変化の少ない株が選択されるような工夫が日本ではされていますので、だんだんとハズレは少なくなる予定です。

 
 日本のインフルエンザワクチンは2011年秋から、6ヶ月〜3歳未満は0.25ml/回、3歳以上は0.5ml/回と欧米並みに増量され、6ヶ月〜13歳未満は2回接種(免疫効果からは4週間の間隔がベター以前の1〜4週間隔3〜4週間隔に修正)、13歳以上は1回ないし2回接種(但し喘息や心臓病などの基礎疾患のある方、免疫状態が落ちている方、受験生などには、2回接種を考慮されても可)。
 
 なお、当院の予防接種の予約枠が限られるため、成人へのインフルエンザワクチン接種は原則として子供さんと一緒に接種の場合のみとさせて頂いています。名古屋市の老人用補助券(1,500円)も当院でも利用可能です。健保連愛知連合会のワクチン接種補助事業の補助券は、今年も「NPOあいち」経由で使用できることになりましたので、当院でも差額を支払っての接種が可能です。

 インフルエンザワクチンは、当院にかかって見える方を優先しますが、他院で接種して貰えなかった方も接種致します。 ただし、治療内容の判る資料お薬手帳・検査データなど)を必ず持参して下さい。もし、治療経過や投薬内容などがはっきりしない時、母子健康手帳をご持参されなかった時、子供だけ(中学生以下)の来院で親族(両親以外の場合は委任状が必要)が同伴されなかった時は、当院での予防接種をお断りします


 1.インフルエンザワクチンは、現在の商品は鶏卵が製造過程で使用されているため、鶏卵アレルギーのある方は要注意です。インフルエンザワクチンによるアナフィラキシーショックの発生例が報告されているため、以前にワクチンによるアレルギー反応が出現された方は緊急事態に対応可能な大きな病院で接種して下さい。 但し、卵白アレルギーのあった子どもさんでも、現在、摂取可能になった方、採血で卵白IgG(RAST)が3+以下の方は十分な問診の上、接種後30分以上待合室で様子観察することを条件に、当院でも接種します。

 2.大阪市大(小児科・公衆衛生)や日本小児科学会の調査で、インフルエンザワクチンの小児への有効率は20〜30%程度(成人は50%前後)です。このため、インフルエンザワクチン接種をしても罹ることはあります(朝日新聞のアエラ2009/10/26)の記事を参照)。日本の注射用製剤は、あくまで重症化防止用であり、感染予防には残念ながらあまり効果はありません
 
 3.欧米では、基礎疾患(気管支喘息など)のある子どもさんに、従来から積極的に接種を勧めています気管支喘息、先天奇形などで感染症に罹りやすい患者さんには、当院でも積極的にインフルエンザワクチンを接種勧めています。2013年度の米国小児科学会の乳幼児に対するインフルエンザワクチンに対する勧告ここ
 
 4.妊娠中にインフルエンザに罹患すると重症化しやすいため、妊婦・授乳中の褥婦さんにも欧米では積極的に接種を勧めています 妊娠中・分娩後に新型インフルエンザで重症化した例 NEJM (2009/12/23)(米国産婦人科学会は2014年に全妊婦への接種を勧告動画付))(母体への接種は新生児にも有効 NEJM2014/9/4)当院では念のため器官形成期(臨界期:妊娠初期14週頃まで)を避けて、妊娠14週以降で接種されることを勧めていましたが、日産婦学会のQ&Aでは妊娠初期も接種可能で、チメロサール入りでも問題なしとしていますので、現在は14週前でも接種し、通常品でも接種します。日本産婦人科学会はチメロサール入りインフルエンザワクチンで妊婦への接種は可との見解を表明)

 より安全性の高いメロサール(水銀系防腐剤)フリー(予めディスポ(0.5ml)注射器に装填済)のインフルエンザワクチンは、今年も阪大微研の0.5ml製剤のみ製造になりました。 このため今年度はチメロサールフリーの入荷量は例年の半分で少な目です。在庫の無くなった時は、通常品での接種となります。日本産婦人科学会はチメロサール入りインフルエンザワクチンで妊婦への接種は可との見解を表明)


 接種料金

インフルエンザワクチンは各医院・病院の自由料金です。当院は丁寧なる説明、看護婦ではなく医師自らの注射、予防接種ガイドラインに準じて接種後15〜20分以上専用待合室(絵本・パソコン・アニメ映画放映中)で様子観察させて頂いているため、他院よりやや高めかもしれませんが、当院の予防接種に対するポリシーもあって、安売りで患者さんを集める手段にはしたくありませんので、よろしくご理解の上、ご予約下さい。


        令和 4年度 当院のインフルエンザワクチン料金  (1回当り)   接種費用(税込
 6ヶ月〜3歳未満 (0.25ml)  (2回接種)   (通常品)   3,500円/回
 3歳〜13歳未満  (0.5ml)  (2回接種)   (通常品)   3,500円/回
 13歳以上〜    (0.5ml)  (原則1回) (通常品)  (喘息児・受験生などへの2回接種は要相談)   3,800円/回
 1歳〜3歳未満 (0.25ml)  (2回接種) チメロサールフリー(水銀ゼロ)・シリンジ製剤)  今年度は製造されず
  妊婦・3歳〜 (0.5ml) (13歳以上1回)チメロサールフリー(水銀ゼロ)・シリンジ製剤・他院に通院中の妊婦も接種可)    4,000円/回
 2歳〜49歳  (FluMist:鼻噴霧式生ワクチンで1回吸入のみ、妊婦・気管支喘息患者を除く  当院は個人輸入品は安全面で不採用

※ 健保組合の補助券利用時には、差額で接種可能 ※

(期間10/1〜1/31)


  

  厚労省HPに、インフルエンザの総合解説 が掲載されています 


★ 朝日新聞アエラ2009/10/26)の記事に関連して、副院長日産婦医会報(H21年11月号) に寄稿した「コーヒーブレイク」を ご笑覧下さい ★ 


        令和 4年7月5日 初版作成、 8/1  一部修正加筆

                                                   
 

 
               (医) 若葉台クリニック